冊子vol.2

『猫が星見たー歴史旅行』vol.2を本日刊行しました。 今号からしばらく ”朝鮮戦争と日本社会”を大きなテーマにしていきたいと思います。 その最初のテーマは「日本人にとっての朝鮮戦争」です。 今号をご希望の方はお手数ですが下記までご連絡ください。なお…

朝鮮国連軍と日本

ここ数日、まるで戦争前夜であるかのような雰囲気が日本社会では醸成されています。今までも朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)を脅威とみなすことで、様々な背景を見ることを放棄するような議論が日本社会では跋扈していましたが、ここ数日は、それ以…

雑感*朝鮮戦争について

冊子『猫が星見たー歴史旅行』1号では、安全保障について、自衛隊について、もっというと軍について、個人として向き合うことの意味を検討しました。 nekohoshi.hatenablog.com 安全保障といえば国家の専権事項と言われていて、現代ですとテロ行為など脅威…

帰国事業の痕跡をたずねる2〜旧武蔵野市役所敷地内の記念碑と木犀の樹

シリーズ「帰国事業の痕跡をたずねる」2回目の今回は、地元の、東京武蔵野市にある記念碑を紹介したいと思います。 帰国事業の記念碑が武蔵野市内にあるということは、あまり知られていないでしょう。 それは仕方のないことで、どうしてもみようとしない限…

冊子臨時増刊号

ご要望がありましたので、 中島飛行機武蔵製作所と朝鮮人 戦前篇と戦後篇、 ナショナリズムからの解放を求めて(雑感) を冊子化しました。 ご希望の方は、下記までご連絡ください。 また、冊子vol1.中島飛行機武蔵製作所の戦後史 をご要望の方も同じくこち…

ナショナリズムからの解放を求めて(雑感)

韓国釜山の日本総領事館前に平和の少女像(以下、少女像)が新たに設置されたことをめぐって、日本政府は韓国政府に対して駐韓大使を一時帰国させるなどして抗議の意思を示しています。 一昨年、2015年の12月に外相間で交わされたいわゆる日韓合意。こ…

中島飛行機武蔵製作所と朝鮮人*戦後編

戦前篇では、中島飛行機武蔵製作所の門前にあった飯場を中心に朝鮮人のコミュニティができていたことを述べた。そのコミュニティは戦後にも継続して残されることになった。その背景と、そこでの人びとの様子はどのようなものだったのだろうか。 〇戦後の朝鮮…

中島飛行機武蔵製作所と朝鮮人*戦前編

『猫が星見たー歴史旅行』冊子vol.1では「軍と人びとー中島飛行機武蔵製作所の戦後史」と題し、中島飛行機武蔵製作所の跡地における戦後の出来事を通じて、現在、日本社会が直面している安全保障のあり方、自衛隊をはじめとした軍のあり方を、個人の視点で検…

帰国事業の痕跡をたずねる1〜JR鶴見線・鶴見駅ホームの時計

横浜の鶴見からは多くの人が帰国事業で北朝鮮へ渡った。JR鶴見駅・鶴見線ホームでは帰国者から贈られた時計が今も使用されている。 全国各地に帰国事業の痕跡が残されている。シリーズ「帰国事業の痕跡をたずねる」では全国各地に今も残されている帰国事業…

冊子vol.1。

猫が星見たー歴史旅行vol.1を本日刊行しました。 今号では、「軍と人びとー中島飛行機武蔵製作所の戦後史」 ということで、現在の武蔵野市にある中島飛行機武蔵製作所跡地における 戦後の出来事を通じて、 いま現在、日本社会が直面している 安全保障のあり…

原民喜と我が家。

写真の家は、我が家です。我が家の前身といった方が正しいです。 これは、母方の祖父母の建てた家で写真は1950年8月のもの。 7月の時点ではもう少し小さい家だったようなので、増築したあとに記念に祖父が写真に収めたようです。 舗装のされていな道の向かい…

猫が星見たー歴史旅行

だれでも、過去の上に築かれた現在を生きています。歴史を見る目をもつことは、過去を知るだけでなく、いまを見つめ、未来をみすえることにつながるのではないでしょうか。 ★ この冊子を発行するにあたって、これがどのような目的であるいはどのようなものを…

猫が星見たー歴史旅行

というタイトルの冊子を今秋中に発刊する予定です。 発刊しましたらこちらでお知らせします。 よろしくお願いいたします。